ビザ申請に於いてご提供できる価値

不利なご事情を、適格に把握します。

まず、ご自身の申請に於いて、何がプラスの材料で、何がマイナスの材料なのか

を適切に把握する必要があります。

 

この判断は、出入国管理法や入管の内部通達、規則などに通じていて初めて可能

になります。

 

ビザ申請を業務とする行政書士は、行政書士試験とは別個に実施される入管業務

に関する試験にパスしているビザ専門の行政書士ですので、安心してお任せいた

だけます。

 

不利なご事情をなかったことにはできませんが、適切にカバーしなければ「即ア

ウト!」というレベルの事情もございますので、まずは、ご相談ください。

適切な書類アレンジと、意味の通じる書面の作成。

ご自身に不利なご事情を把握したら、今度は、それを適法にカバーする書面を

アレンジしなければなりません。そしてそれら書面は、意味の通じる文章で書

かれていなければ提出の意味がありません。

 

アルファサポート行政書士事務所は、代表者が裁判実務に通じているため、適法

かつ有効な方法で、これらの書面作成を致します。

就労ビザにおいて、最も適切なビザのカテゴリーをご提案します。

「日本人の配偶者」などでいらっしゃる場合には、在留資格の選択という問題は

生じませんが、特に就労ビザにおいて、適切なビザのカテゴリーの選択を間違え

てあえなく不許可となり、私の事務所にもちこまれる・・・というケースは多々

ございます。

 

このようなケースはほんとうにバリエーションが多く、就労ビザなら一発で通っ

た案件なのに、なぜかワーキングホリデーで申請したとか、枚挙に暇がありませ

ん。

 

一度不許可になった案件や、取り下げた案件を、別のカテゴリで申請することは、

かなり高いハードルとなってしまいますので、一発で許可をもらえるよう、まず

は、国際行政書士にご相談ください。

アルファ・サポート行政書士事務所へのご依頼・ご相談はこちら

行政書士には秘密保持の義務がありますので、安心してご依頼ください。 

メモ: * は入力必須項目です

Facebook